屋根塗装は、横浜の株式会社ONE。経験豊富な職人がしっかりした工事で家を蘇らせます。神奈川県横浜市、株式会社ONEに、是非おまかせ下さい。

屋根塗装 Roof Painting
屋根塗装の3つの役割
1.屋根の塗替えで家の美観アップ
塗装にる屋根の「色」「つや」は、住宅全体を美しく見せる役割を担っています。
経年劣化によって色褪せてしまった屋根を再塗装することによって、元の色の復元や違う色に変えたりと、イメージアップが図れます。
2.雨、紫外線、サビなどから屋根を守る
日本瓦以外のスレート、金属屋根、セメント瓦などの屋根は、それぞれ紫外線、雨、サビの発生に対しての耐性が高くないので、塗装による保護がないとすぐに劣化してしまいます。
塗装で塗膜を形成することで、上記の外的要因の影響を最小限に留めることができます。
3.遮熱や防汚を施し、生活を快適にする
塗料の種類により「遮熱・断熱・防カビ・防汚・弾性・セルフクリーニング」などの機能を持たせることができます。
例えば、遮熱機能がある塗料は太陽からの熱を反射して屋根表面の温度を最大で20℃下げることができ、結果として家全体の省エネ対策に繋がります。
また、セルフクリーニング機能がある塗料は屋根に付着した汚れを雨によって流すことができます。
施工現場
屋根の状態と塗替えの時期
新築の場合10年、一度塗り替えをした屋根なら約7~15年程度
屋根の塗装は、紫外線と熱によって徐々に劣化し、一般的に新築の場合10年、塗り替えをした場合約7~15年程度で本来の保護機能を発揮できなくなっています。
屋根の劣化を早めないためにも、塗装の保護機能が落ちてきたら、塗り替えで新しい塗膜で保護する必要があります。
屋根の劣化から見る塗替え目安
自宅の外から屋根が見下ろせる場所があれば双眼鏡を使って確認できますが、自分で屋根に上る事は非常に危険ですので、やはり専門の業者に頼むという方法が確実です。
色褪せ、カビ・コケが発生している、屋根が反っている、ひび割れがある、サビが浮いている、塗装が剥がれている、こんな状態ならかなり重症です。
また、雨漏りはもちろんですが、外壁などにひび割れやシーリングが浮いていたり、カビが生えていたら、屋根の防水に欠落があるのは間違いありません。
塗替え前の屋根
屋根の素材と塗料の種類
屋根の素材と耐用年数の目安
・スレート瓦 20~25年
・セメント瓦 30~40年
・金属屋根 30年~50年
・アスファルトシングル 20年~30年
塗料のグレードによる耐久年数
・ウレタン系塗料 5~7年 安価
・シリコン系塗料 7~10年 一般的
・フッ素系塗料 15年以上 やや高級
・無機系塗料 15年以上 高級
 
屋根の塗り替えを行う上でポイントとなるのは、素材の耐用年数にあったグレードの塗料を選ぶことです。
屋根の耐用年数が長いのに、グレードの低い塗料を選んでしまうと、何回も塗り替えを行う事になり、結果的に費用が多くかかってしまいます。
そうならないためにも、ご自宅の屋根の耐久年数、塗料のグレードによる差を考慮し、何年間隔で塗り替えを行っていくか計画を立てることで、長い目で見た場合コストダウンが図れます。
白の塗料
屋根塗装の施工例
アパート屋根塗装
無機質塗料使用
工期 10日
参考価格 680,000円
施工前
Before
施工後
After
一般住宅屋根塗装
フッ素樹脂塗料使用
縁切り工法
工期 5日
参考価格 180,000円
施工前
Before
施工後
After
一般住宅屋根塗装
ウレタン塗料使用 
縁切り工法
工期 5日
参考価格 130,000円
施工前
Before
施工後
After
株式会社ONEにお任せください! 
調査・お見積もり無料です!
どうぞお気軽に、お問合せください!
 
お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら